住み慣れたマンションを賃貸に出す際にとった行動は作業が大変でした

分譲マンションを相続し賃貸に出すことを考える

分譲マンションを相続し賃貸に出すことを考えるリフォームが必要でDIYを併用して低価格で実施無事に入居者も決まり家賃収入が楽しみ

住み慣れた分譲マンションがありますが、この物件は昭和の時代に親が購入をしたことで、私の人生の半分程度は生活を送ってきたものです。
私は学生時代を終え就職後に家を購入しており、一軒家で家族と一緒に住んでいるのですが、最後に残った母親が亡くなったことで遺産相続という形で当該マンションを所有することになった背景があります。
築年数は30年以上もの期間が経過しており、相続した際には直ぐに売却することも検討しました。
ところが、価値を調べてみたところ、売却をしても500万円程度のお金にしかならないことを知り、500万円であれば賃貸に出す法にメリットを感じた次第です。
賃貸の相場では、立地条件はそうは悪くはなく、家賃額は最大で7万円程度にできると自己判断したのですが、実際には老朽化により賃貸に出す前にリフォームが必要な個所が多数出てきました。
最初に行ったことはリフォーム会社に見積もりを依頼する方法です。
床とクロス全部新品に張り替えをすることと、バスルーム、キッチン、トイレと洗面台を全て新品にすることです。
見積もりでは最も安い会社で総額は約400万円掛かることになり、私はお金持ちではないので直ぐに判断することができませんでした。
新しい状態にして7万円という家賃額で貸し出せたとしても、年間の家賃収入は84万円です。