住み慣れたマンションを賃貸に出す際にとった行動は作業が大変でした

無事に入居者も決まり家賃収入が楽しみ

マンション 賃貸に出すならマンション賢い選択

分譲マンションを相続し賃貸に出すことを考えるリフォームが必要でDIYを併用して低価格で実施無事に入居者も決まり家賃収入が楽しみ

肝心な家賃額ですが不動産会社側からの提案で7万5千円で貸すことになり、この点も問題はありません。
管理は私が自ら行うことは不可能と感じたので月額4千円という管理費で契約を済ませています。
今回はDIYでの作業範囲が広かったこともあり、1人で作業をするには困難な状態だったことは事実ですが、水回りのリフォームを依頼した会社側も親身になってくれて、塗装作業などを一部サービスで行ってもらえたことに感謝してます。
試行錯誤しながらの作業になった結果は良い結末を迎えることになり、管理費は掛かりますが事前の想定額よりも高く貸し出すことができたので、年間の家賃収入額が楽しみな毎日を送っています。

マンション経営は、一度軌道に乗せてしまえば、安定収入を長期間継続的に得られます。
つまり、働かなくても収入があるという“不労所得”を得ることができるのです。

— λ島村孝介λ hn:しーま (@shiimating) 2019年12月21日
面倒を避けたい方は売却も決して悪くはありませんが、賃貸に出す方法をシミュレーションした際に、メリットがあると感じた時にはネット通販で資材類を安く購入する方法もあるので、意外と少ない資金でも古い物件を蘇らせることに気付きました。